老人斑のインクによって引き起こされるスポットと悲しみ

老人斑のインクによって引き起こされるスポットと悲しみ

いくつかのケースでは、シミやくすみのアイデンティティは、チーム老人性色素沈着のようです。 20 30年代の後半と早期からのスポットやくすみ缶では、それはその老人の名前が付いていますが、若者もあります。 40代の人の60%が、数センチメートル以内に行われる場合であるように思わ素晴らしいところです。老人斑原因インクは、蓄積の多くの年のために、紫外線の影響です。いわば、それは20年前に5年からの紫外線の影響でセルのコアを弱め、私もメラニン色素が正常で生成する必要があります。これは、高齢化され、その直接の原因を意味するものではありません。 、私の青春ので、日々のスポーツや紫外光の下で作業していた強力な人々は、元の肌が色白だっ弱い紫外線のものに可能と呼ばれます。手や肩の背中だけでなく、図のような場所での作業缶と悲しみと呼ばれる紫外線への露出のための多くの機会があります。スポットや悲しみは遠く老化と顔と体の成長を見ることができます現在の年齢から削除されますので、それはいくつかの措置することをお勧めします。それは予防が可能な限り、紫外線にさらされることができないになりますが、豊かなの完全な除去は、老人性色素沈着のチームになった後は困難です。皮膚科や美容外科治療では、化学ピーリングやレーザー照射によって可能であるが、マークを残して肌のタイプに応じて、あなたがアドバイスを事前ことをお勧めします。樋に、毎日のアイデアにより汚れやくすみのない状態を保つことに自分の将来をリードします。


未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!