市場の労働

市場の労働

また、仕事のための雇用創出、によって規定されている国民の義務の一つであり、ジョブが辞書に定義されて関連付けられています。それは、このような定義として、国際市場で売買されている国内市場、抽象的な概念を置き、商品として商品やサービスと交換される一方、用語と単語市場が関連していました。言い換えれば、それは労働市場の観点から職業に関わる状態の供給と需要です。国内の労働市場は次のようになります。フルタイムに支払うべき相当の削減賃金、近年の給与水準の見直しを要求する業務アプリケーションの一部は、人気となっています。 2008年にフルタイムの従業員で賃金を上げることを約束している企業は約40%でした。 2006年度は、この図は、近年増加賃金上昇圧力があり、2007年の課税年度にわたって増加し続けています。業種によって労働市場を見てみると、製造業とサービス業は最高レベルとなっています。不動産と金融セクターでは、ベースアップに対応してきた同社は、わずか数でした。今日の雇用市場では、賃金に増加圧力を行くために一致するように、ビジネス側が給与に行動するようです。一方、正規雇用状況、意志はないか、または、そのようなパートタイムの従業員や契約などの人々が労働市場での任意の治療を受けている必要があります。 2007年に比べてちょうどそれらのわずかな増加は、同社が2008年に非正規従業員のベースアップに反応し、約20%です。何の賃金上昇がないと回答した企業は、それは大変な仕事市場ではなく、正規労働者のための救済となっているのです、40%以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!