切開法でまぶたのたるみを解消する

切開法でまぶたのたるみを解消する

まぶたのたるみの原因の1つは目の周りの脂肪です。切開法と呼ばれるたるみを和らげる手術では、たるみを構成する脂肪を取り除き、目の周りをきれいにします。若い頃はたるんでいなかったけれど、年をとって肌のハリが足りなくなって脂肪を支えられなくなった方やまぶたが厚い方に適した外科手術です。この方法は、切開部からたるみの原因となる脂肪を取り除きます。切開の場所は、手術部位によって異なります。上まぶたの脂肪を取り除くには、二重線に沿って、または眉毛の下部近くを切開します。目の下側が気になる場合は、下まぶたから脂肪を取り除く必要があります。この場合、まつげの端に沿って切開を行います。二重線で切開する場合、切開マークが二重線と重なるため、非常に混乱します。いくつかの切開方法は、上下のまつげのラインに沿ってメスを挿入します。その後、それらは一緒に縫われます。切開に必要なまぶたの手術は約1時間かかり、手術後数日は腫れやすいようです。あざや歯科治療で自然に腫れやすい人は、より腫れている可能性があります。腫れはすぐに治まりますので、しばらくお待ちください。施術当日に化粧をしたり、顔を濡らしたりすることは固く禁じられています。また、糸を抜くために後日また病院に行かなければなりません。痛みをまったく起こさない治療は困難ですが、局所麻酔と点眼麻酔で痛みを大幅に軽減することができます。フレイスラボvcセラム

コメントは受け付けていません。
error: Content is protected !!